男性より女性の方がわきがが多い理由とは?

男性より女性の方がわきがが多い理由とは?

 

わきが臭や体臭が強いのは、一般に太っている男性や汗をたくさんかく人というイメージがありますが、実は体質的に女性の方がわきがになりやすいといわれています。
女性がわきがになりやすい理由と、わきがになりやすい女性の特徴についてみていきましょう。

 

わきがの原因は様々なので対策は簡単にできる

 

 

女性は一般に臭いに敏感で衛生面にも几帳面というイメージがあるので、実は男性よりも女性の方がわきがが多いということを知って驚かれる人もいることでしょう。

 

 

わきが治療のために専門クリニックを訪れる女性の割合は、患者の約8割を占めるといわれています。わきがは遺伝性の場合もあるので、その場合自分でコントロールするのは難しく感じますが、遺伝以外にも生活習慣やストレスが原因となることもあります。

 

 

わきがは第二次成長期である思春期に発症することもあり、その原因としてはわきがの臭いとなるアポクリン線が発達するためであると考えられます。大人になってから自分がわきがであることに気付く人も多く、その場合ホルモンバランスの乱れが関係するなど、わきがにはさまざまな原因があるとされています。

 

 

女性がわきがになりやすい理由とは

 

わきがになるのは脇の下にあるアポクリン線という汗腺が関係しています。

 

 

アポクリン線から分泌される汗自体に臭いはありませんが、アポクリン線から分泌された汗が皮膚の常在菌と混じり合い分解するとわきが臭が発生します。

 

 

わきがになりやすいのはアポクリン線が多いからといわれていますが、実は女性の方が男性よりもアポクリン線が多く存在するので、わきがは女性の方がなりやすいのです。アポクリン線の分泌物には水分の他に皮脂やアンモニアも含まれていますが、女性は体質的に皮下脂肪を溜めやすく、アポクリン線から分泌される皮脂も多くなります。

 

 

そのため女性は皮脂が多く含まれた臭いを発しやすい汗をかいてしまうので、男性よりもわきが臭に悩まされることが多くなるのです。

 

 

わきがになりやすい女性の特徴

 

わきがの主な原因は遺伝といわれていて、もし血縁の中にわきがの人がいるならわきがになる可能性が高くなります。

 

 

これは遺伝によりアポクリン線の数が多くなるためですが、遺伝の他にもアポクリン線を刺激し働きを活発にしてしまうならわきがになりやすくなるでしょう。例えば、肉や乳製品などの動物性タンパク質は、わきがの元となるアポクリン線の働きを活発にしてしまいます。他にも、コンビニ弁当やジャンクフードなどを頻繁に食べているならわきがを発症しやすくなるでしょう。

 

 

また、ストレスは身体に緊張状態を生じさせ、アポクリン線を刺激してしまうのでストレスを溜めやすい女性は注意が必要です。ストレスを感じると、もう一つの汗腺であるエクリン線の働きも活発になるため、身体が分泌する汗の量が増えてわきが臭が発生しやすくなります。

 

 

わきが臭が強くなりやすい時期

 

わきがにはホルモンのバランスも関係しています。女性の体は生理周期や排卵前後にホルモンの分泌量が大きく変化しますが、その変化に伴いアポクリン線が活発になる場合もあるのです。アポクリン線の量が元々多くわきが体質の方であれば、排卵日前後にはわきが臭が特に強くなることがあるでしょう。

 

 

また、思春期で性ホルモンが活発になりアポクリン線も発達する年齢では、わきがの臭いが気になることがあるかもしれません。ホルモンバランスの乱れが関係してわきがになる場合は、年齢と共に性ホルモンの働きが弱ってくると臭いも治まることがほとんどでしょう。ホルモンの乱れが臭いの元となっているなら、ストレスを溜めないことや食生活を改善するなど生活習慣を見直すことで、ある程度わきがが改善する場合があります。

 

 

男性よりも女性の方がわきがになりやすいのには理由があります。体質もありますが、生活習慣を改善するなどしてわきが対策をしていきましょう。