喫煙をすると脇汗が増える?臭いが強くなる?どんな影響があるのか

喫煙をすると脇汗が増える?臭いが強くなる?どんな影響があるのか

喫煙をすることと脇汗をかくことに関係があることをご存知でしょうか。

 

 

喫煙は体臭やわきが臭を強くしてしまうので、わきが体質で脇汗を抑えたいと思っている方は、禁煙することで嫌な臭いや脇汗を改善することができるでしょう。喫煙が脇汗の量や臭いにどのような影響を与えるのか考えてみましょう。

 

喫煙と脇汗の関係

 

喫煙は多くの方のストレス解消方法となっていますが、それでも体に良いことは一つもなく、かえって体に有害な影響を与えます。

 

 

 

タバコに含まれているニコチンには、中枢神経を刺激し覚醒する作用があります。その結果、体温調節を司る視床下部も刺激を受け、体温調節の働きが低下するため発汗が促されてしまうのです。このように、喫煙は発汗作用と関係があることが分かっています。

 

 

多くの方は、タバコを吸うとストレスが軽減されると考えていますが、本当のところタバコは依存症を引き起こし、ニコチンが切れるとイライラを感じるなどストレスの軽減にはなりません。いつもタバコに束縛される形になるためストレスは増大し、そうしたストレスによって脇汗をかきやすくなることもあるのです。

 

 

タバコを吸うと脇汗が増える?

 

タバコによってニコチンが体内に吸収されると、中枢神経が刺激され交感神経が活発になります。

 

 

交感神経が活発になると、エクリン線やアポクリン線などの汗腺が刺激を受け、汗をかきやすくなります。アポクリン線は特に脇の下に多くある汗腺なので、アポクリン線が刺激されると脇に集中して汗をかきやすくなってしまうのです。

 

また、喫煙の習慣は自律神経のバランスを乱すので、発汗の機能にも影響が及び、分泌される汗の量がコントロールされにくくなります。そのため、タバコを吸うわきが体質の方はタバコを吸わないわきがの人と比べると、脇にたくさん汗をかく傾向がみられます。
脇汗を抑えたいと思っている方は、禁煙するなら脇の下だけでなく全身の汗の量が減っていくのを感じることができるでしょう。

 

 

タバコは脇汗の臭いを強くする

 

 

タバコを吸う人は、脇汗の臭いだけでなく口臭や体臭もきつくなってしまいます。それには、タバコ自体にも強い臭いがあることが関係していて、タバコの煙が服や髪の毛などに染みつくことで嫌な臭いを発するようになります。

 

しかし、タバコはさらに汗の臭いにも影響を与えることが分かっています。タバコの有害物質が血液の中に混ざり合い、それが汗腺から汗として分泌されると、臭いのある汗になってしまいます。

 

 

また、タバコは皮脂分泌をコントロールするビタミンCの働きを妨げるため、タバコを吸うと皮脂が大量に分泌され、脇汗の臭いの原因となってしまうのです。タバコは肝機能も低下させるので、その結果アンモニアが分解されにくくなり、アポクリン線からの汗にもアンモニアが混ざるようになるため汗の臭いが強くなります。

 

 

脇汗を改善するには

 

 

脇汗の臭いは、アポクリン線とエクリン線、皮脂腺からの分泌物が混ざり合うことで発生します。

 

汗をかいた直後は臭いはきつくありませんが、皮膚の常在菌と混ざり分解することで、時間がたつと臭いを発するようになります。そのため、こまめに汗を拭き取り、皮膚に汗を残さないようにするなら汗の臭いを抑えることができるでしょう。

 

しかし、脇汗を改善するにはやはり禁煙することが大切です。タバコを我慢することはストレスに感じるかもしれませんが、禁煙に成功すれば大幅にストレスを減らせるということを覚えておきましょう。健康的になり、わきが体質が改善されるなど、禁煙のメリットに目を向けてください。タバコを吸いたくなる環境を避けたり、十分な睡眠や栄養を取るなら禁煙しやすくなるでしょう。

 

 

喫煙は体内環境を悪化させ、体臭や口臭、わきが臭を作り出すことが分かりました。脇汗の量や臭いで悩んでいる方は、まず無理のない仕方で禁煙にトライしてみるなら、徐々に脇汗の問題を解消していくことができるでしょう。